DJI スペシャリスト育成プログラム

DJI CAMPとは

マルチコプター(ドローン)およびカメラ技術を開発・製造するグローバルリーダー、DJIの日本法人であるDJI JAPAN株式会社が主催する操縦者向けの民間資格です。DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムであるDJI CAMPは、DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。

DJIスペシャリストとは、10時間以上の飛行操縦経験がある操縦者で、DJI製品のユーザーマニュアルを事前に熟読し、実際のマルチコプター業務に従事できる者。

DJIスペシャリスト育成プログラムでは、講座の受講の後、認定試験を受けていただき、合格者にはDJIが発行するDJIスペシャリストライセンスに必要な修了証を発行します。

 


DJI ArenaでのDJI CAMPの特長とメリット

JDRONE TOKYOが実施するDJI CAMPは常設の屋内飛行施設であるDJI Arenaで行うため、天候や風の影響を受けずに常に安定した同じ条件でのキャンプが可能です。二日間のカリキュラムのなかで、初日の最後に、実技試験を行うコース設定での「インスペクション」の時間を設けました。実技コースに入場し、レイアウトや距離感、視線の方向などを確認できます。また、実際に試験で使用する機体を用意しますので、受講者の皆さんは「トライアル」を行うことで、インスペクションでのコース情報に加え、使用機体の反応、送信機レバーの感度、などの実技試験にむけて気になる項目を体験し確認することができます。

実技試験の終了後には、試験官による「総括講評」を実施し、今回のキャンプで評価の際に注目したポイントや、今後のさらなるステップアップに向けてのアドバイスなどを解説します。

※JDRONE TOKYOのDJI CAMPは送信機の操作においてモード1、モード2の両方に対応します。

また、JDRONE TOKYOでは、DJI CAMPの日程と組み合わせたマンツーマンの「ATTI Lesson」も実施しています。DJI CAMPと組み合わせて受講することで短期集中でのDJI CAMP合格が目指せます。

ATTI Lessonについて詳しくはこちら

 


合格者の声

F様【2月受講】
ベテラン講師の方のテンポよい説明は非常によかった。真剣に受講できた。
実例が盛り込まれており大変勉強になりました。
インスペクションで実技のイメージが出来たのでとてもよかった。

 
N様【2月受講】
実際に試験日も雨だったが、屋内施設なので天候に左右されにくい点は大変よかった。
座学の解説は体験段などを織り交ぜた内容で、全てが安全な飛行につながる実践的な内容でためになった。

 
T様【2月受講】
テキストを読むだけでも勉強になったが、補足説明や解説がわかりやすく勉強になった。

 
K様【1月受講】
CAMPの座学では、なぜそのルールがあるのか、なぜその知識が必要なのか、が本質から理解できたので、仕事でドローンを飛ばす際の色々な判断基準が自分のなかに出来ました。

 
S様【12月受講】
テキストだけでなく、実際の飛行時の事例を聞くことができ、勉強になった。
事例説明もわかりやすく、安全確認の必要性を学んだ。
室内で風の影響を受けることなく飛行できる快適な施設。
事前にATTIレッスンを受講し、技能のコツを教えてもらえたのはよかった。
上達できると思います。


受験資格

10時間以上の飛行経験を有する方

※DJI GOアプリのフライトレコードの画面キャプチャ、あるいは国土交通省/航空局へ飛行申請時に提出した飛行実績書の写しを事前に提出いただきます。

 


日程

全2日間(座学、筆記試験、実技試験)
1月:2019年1月30日(水)、31日(木)
2月:2019年2月27日(水)、28日(木)
3月:2019年3月27日(水)、28日(木)
4月:2019年4月24日(水)、25日(木)
5月:2019年5月29日(水)、30日(木)
6月:2019年6月26日(水)、27日(木)
 


開催場所

DJI ARENA by JDRONE TOKYO
http://arena.jdrone.tokyo/
〒124-0021 東京都葛飾区細田 3-30-13

 


募集人数

各回10名

 


受講費用

55,000円(税込)

*認定証発行には別途15,000円(税別)が必要です。
*テキスト代は含まれません。テキストは事前に各自でご用意ください。
・Amazonでご購入できます。⇒こちら

 


持ち物

・筆記用具
・DJI CAMP技能認定専用テキスト
・機体(持込の場合)

 


お支払い方法

銀行振り込み、またはクレジットカードにてお支払い。
*お申込み受付後、お支払い方法をメールにてご案内します。

 


主催

株式会社 日本サーキット

 


注意事項

  • 定員にみたない場合、中止する場合があります。中止の判断については実施2日前までにメールにて連絡いたします。
  • 無断撮影および録音は禁止です。
  • 当日は、当社スタッフの進行に従ってください。
    万が一、従っていただけない場合は退場していただく場合があります。
  • DJI CAMP 秘密保持契約書を締結していただきます。
  • 技能資格認定書発行の為、個人情報をDJI CAMP 運営事務局へ開示いたします。予めご了承ください。
  • 広報活動のための利用を目的とした、写真撮影・取材が入る場合がございます。予めご了承下さい。
  • 同業者の方のお申込みについてはお断りさせて頂いております。
  • 上記の注意事項に同意の上、申込みとさせていただきます。

 

 


スケジュール

時間 内容
1日目   9:30- 受付
  9:50-10:00 ガイダンス
10:00-12:00 行動規範、安全基準、禁止事項
12:00-13:00 昼食(各自)
13:00-13:50 マルチコプター概論
14:00-14:50 電波について
15:00-15:50 気象、飛行について
16:00-16:50 法律
17:00-17:50 DJI製品について
18:00-20:30 インスペクション・トライアル
 2日目   9:30- 集合
10:00-10:30 質疑・応答
10:30-11:30 筆記試験
11:30-12:00 安全確認、飛行前確認、について
12:00-13:00 昼食
13:00-13:30 実技ガイダンス
13:30- 実技試験
-20:30 総括講評
※プログラム及びスケジュールは事前通知なく変更となる場合がございます。予めご了承ください

 


講義内容

内容

第1章 操縦者の行動規範
第2章 安全基準
第3章 禁止事項
第4章 マルチコプターの概論
第5章 電波について
第6章 気象について
第7章 飛行について
第8章 DJI製品について
第9章 法律について

認定試験について

  1. 筆記テスト(50点満点)
  2. 飛行技能テスト(50点満点)
  3. 最終オンラインテスト(50点満点)

※1,2に合格した受講生は「3.最終オンラインテスト」に進めます。
 
飛行技能試験について

  1. 機体コンディションチェック : 各種機体状況確認をしているか。
  2.  離陸(P) : 周囲の安全を確保し、確認してから離陸している。
  3.  ホバリング(A)1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
  4.  右or左のホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
  5.  対面ホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
  6.  前進してポールまで飛ぶ(A) : 画面中心なら(優)、画面内にポールなら(良)。
  7.  対面で離陸地点に戻ってくる(A) : まっすぐ戻ってこられる(優)。逆舵切ったら(良)。
  8.  8の字旋回×2(A) : 正確に進行方向で8の字を描く。(縦横不問)
  9.  ノーズインサークル×2(A) : 正確に中心を向き円を描く。(左右不問)
  10.  着陸(A) : 周囲の安全を確保、確認してから着陸している。