NEWS

お知らせ

HOME > お知らせ > DJI ARENAにて、DJI CAMPが開催されます!

DJI ARENAにて、DJI CAMPが開催されます!

DJI ARENA by JDRONE TOKYOにて、DJI CAMPが行われます。

開催日

12月:2019年12月19日(木)、20日(金)
DJI CAMPについて詳しくはこちらから

DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定するプログラムであるDJI CAMP。
合格者にはもれなくDJIスペシャリスト認定が与えられます。

受講者の声

N様【2月受講】
実際に試験日も雨だったが、屋内施設なので天候に左右されにくい点は大変よかった。
座学の解説は体験段などを織り交ぜた内容で、全てが安全な飛行につながる実践的な内容でためになった。

T様【3月受講】
今までの飛行に対する安全管理方法のダメなところと理由がはっきりと分かった。
プラスアルファの現場知識を教えてもらえて嬉しかった。

F様【3月受講】
講師の方々の丁寧で愛情ある対応が素晴らしい。
指導は非常に厳しかったですが、とても自分のためになり今となっては感謝しています。

JDRONEが行う「DJI CAMP」のメリット

JDRONE TOKYOが実施するDJI CAMPは常設の屋内飛行施設であるDJI Arenaで行うため、天候や風の影響を受けずに常に安定した同じ条件でのキャンプが可能です。二日間のカリキュラムのなかで、初日の最後に、実技試験を行うコース設定での「インスペクション」の時間を設けました。さらに、実技試験後には試験官による「総括講評」を行います。

また、JDRONEのDJI CAMPは送信機の操作において、モード1とモード2、両方に対応いたします。

JDRONEの「DJI CAMP」における「インスペクション」とは

実技コースに入場してのレイアウトや距離感、視線の方向などの確認や、実際に試験で使用する機体で「トライアル」を行えます。コース情報、使用機体の反応、送信機レバーの感度、等等の実技試験にむけて気になる項目を事前に体験・確認することができます。

JDRONEの「総括講評」とは

実技試験の終了後には、試験官による「総括講評」を実施し、今後のさらなるステップアップに向けてどんなポイントに注目すればいいのかを解説します。残念ながらスペシャリスト合格にいたらなかったとしても、次回合格のための重要なポイントとなることは間違いありません。総括講評後は、実技コースを開放しますので、実技試験、総括講評の記憶のあらたなうちに自身のスキルレベルの確認にお役だて下さい。

天候に左右されず、都心からも近い広大なDJI ARENA by JDRONEをいかしたDJI CAMP。
お申し込みなどについて、詳しくは下記をご覧ください。
DJI CAMPについて詳しくはこちらから

DJI CAMP合格のために、技術向上のために「ATTI LESSON

JDRONE TOKYOでは、DJI CAMPの日程と組み合わせたマンツーマンの「ATTI Lesson」も実施しています。
DJI CAMPと組み合わせて受講することで短期集中でのDJI CAMP合格が目指せます。


事前予約制:ATTI LESSONについて詳しくはこちらから。

※〜ATTIとは〜 GPSを使用しないドローンの飛行モードを指します。ドローンの上級者を目指すためにはATTIでの飛行技術の習得も必須となります。詳しくはリンク先をご覧ください。