NEWS

お知らせ

HOME > お知らせ > 【速報】DJIからOSMO POCKETが発表

【速報】DJIからOSMO POCKETが発表

カラフルな毎日を、美しい映像で。

驚きの小型さ

2018年11月29日 DJIよりOSMO POCKETが発売になりました。
まず、手にして驚いたのは恐ろしいコンパクトさと軽さです。
重さはなんと、116g。
完全に片手に乗ってしまう大きさとなっています。

大きさとしてはセロリの茎くらいの大きさ。
この大きさで4Kカメラを搭載しているのは脅威です。

今まで、この大きさのジンバル付きカメラは一切存在していませんでした。
DJIはまたも、世界でこれまで存在してなかった新しい商品を作ったことになります。

小型なのに驚きの性能

スマートフォンよりも小さいサイズなのに、12MP 1/2.3センサーを搭載しています。
ジンバルによって、当然ながら手振れ補正。この大きさなら胸ポケットにも簡単に入ってしまいます。
また、起動速度も非常に速く、スマートフォンなしでも利用可能。操作も非常に簡単です。

ジンバルによる手ブレ補正

電子式手ブレ補正

光学式手ブレ補正

スペック

4K 60p 100Mbps
12MP 1/2.3″
Auto/manual gimbal operation
built-in touch screen with multiple gesture controls
USB to mobile APP

豊富なスマート機能

在来のOSMOに実装されていた機能もOSMO POCKETで利用できます。さらに、暗闇でも手持ちで鮮明に撮影できる「ナイトショット」や、テンプレートを選んで、自動的に撮影してムービーを作る「ストーリー機能」が実装されました。


FPVモード

FPVモードでは、ユーザーの目線に合わせて動きを再現するので、ジンバルの向きに沿ってスリリングなアクションショットをスムーズな動きで撮影できます。


アクティブトラック

被写体をタップするだけで、アクティブトラックで被写体を自動フォロー。セルフィーモードでは自動でフェイストラックが起動し、画面中央にあなたの顔が収まります。


3×3 パノラマ

息を飲むような景色や光景に出会ったら、3×3 パノラマ撮影。あなたの感じた驚きを、そのまま詳細に再現できます。


モーションラプス

美しい一日のすべてを凝縮したい時には、モーションラプス。数時間分の映像を数秒で表示し、スムーズなカメラモーションでドラマチックな効果が生まれます。


ナイトショット

Osmo Pocketは、自動的に低照度での撮影シーンを認識し、写真を明るめに調整。また、プロモードでは、三脚を使用しなくても、2~3秒の長時間露光撮影が可能です。

ライバルはアクションカメラ

この大きさ・軽さですと、様々なアクションの多いシーンにも対応可能です。残念ながら防塵防水仕様ではありませんが、水深60mまで対応する防水ケースも発売予定です。

バリエーション豊かに、使いやすいオプション

小型で機動力の高いOSMO POCKETの実力を活かせる、豊富なオプションを多数ご用意しています

  • 本体から電源を供給。手元でOSMOPOCKETを操作可能な延長ロッド
  • SDカード、及びNDフィルターを収納可能な充電ケース
  • 水深60mまで対応可能な防水ケース
  • 既存の他メーカーアクションカメラの豊富なオプションを利用可能なアクセサリーマウント
  • 外部マイクを使用可能なアダプター

新たなアプリ MIMO

今回、アプリもDJI GOから”DJI MIMO”という新しいアプリに変わりました。
前述のストーリーモードもこちらのアプリから簡単に設定可能です。
OSMO POCKET本体のコネクターにスマートフォンを繋げると自動的にアプリが起動します。
MIMOアプリで編集し、SNSに投稿可能です。

OSMO Pocket

  • 驚きの小型さ
  • 小型なのに驚きの性能
  • 豊富なスマート機能
  • ライバルはアクションカメラ
  • 新たなアプリ MIMO

※12月中旬入荷予定。
※先行予約受付中

購入する