NEWS

お知らせ

HOME > お知らせ > 【速報】DJI新機種 MAVIC AIR 2 比較レビュー

【速報】DJI新機種 MAVIC AIR 2 比較レビュー

2020年4月28日(火)に発表のあったDJI新機種「Mavic Air 2」。
どのようなスペックか、どのくらい飛行音がでるのか、どんな飛行モードがあるのか、いろいろ気になるこのドローンをDJI ARENA スタッフが一足先に実際に触った感想をお届けします。
ぜひ、購入前の参考にして頂きたいと思います。

MAVIC AIR 2とは?

MAVIC AIR 2 機体写真2

Mavic Air 2は、従来の機体Mavic 2 ZOOMや先代Mavic Airを凌ぐ1/2インチセンサー搭載。従来機種よりも美しい写真・映像が期待できる。
4K60Pの映像が撮影可能なことに加え、D-Cinelikeによる撮影が可能なことにより、本格的な映像素材用の空撮まで対応可能な機体になった。
高性能クアッドベイヤー配列を採用したイメージセンサーにより、多彩なディティールを実現するHDR写真・HDR動画が撮影できる。
さらに、Mavic シリーズの強みである、折り畳みによる携帯性、大きさはそのままに、飛行時間の増加と、OcuSync2.0による伝送距離の大幅な増加。
重ねて、Active Track 3.0・Point of Interest 3.0・Spotlight 2.0といった飛行補助機能の進化で、より楽に、美しい空撮が気軽に可能な機体に進化した。

他機種とのサイズ比較

上からの比較写真

Mavic Air 2とMavic Mini、Mavic 2 Pro、 Mavic Air、 Mavic Pro、 Sparkと比較してみた。
早速比較対象のドローンをMavic Air 2と並べる。
足を展開してみると、先代よりもやはり大きくサイズ的にはMavic AirとMavic 2 Proのちょうど中間に位置する大きさのように感じた。

プロペラ比較画像

Mavic Air 2のプロペラはMavic 2やPhantom 4 Pro V2.0のように先端にそり返りがついたプロペラとなっている。従来のシンプルなプロペラに比べて、飛行音の低減などの性能の向上への期待が持てる。


折りたたんだ状態の比較写真

先代Mavic Airと比べると、少しだけ折り畳み時の外形が縦横方向ともに少し大きくなった。一番変化した箇所は厚みで、先代より1.5倍ほど厚さが増したように見える。

サイズ比較表

MAVIC MINI MAVIC AIR 2 MAVIC 2 PRO MAVIC AIR
展開時 160×202×55 mm 183×253×77 mm 322×242×84 mm 168×184×64 mm
折りたたんだ状態 140×82×57 mm 180×97×84 mm 214×91×84 mm 168×83×48 mm
対角寸法 213 mm 302 mm 354 mm 213 mm

他機種とのカメラ比較

正面からの画像

Mavic Air 2、Mavic Mini、Mavic 2 Proと並べてみるとカメラの大きさは一目瞭然である。今回、センサーサイズを大きくしたことによるものであろう。高画質な映像への期待が高まるところである。
冒頭でも記述した通り、センサーサイズは1/2となっているため、あのMavic 2 Zoomをも凌ぐセンサーサイズとなっている。
センサーサイズが大きければその分、記憶できる情報も増加するため、より高画質な写真が撮影でき、満足のいく成果物を抽出できる確率は増すだろう。
また、今回、Mavic 2 Zoomにも搭載されていた、D-Cinelikeが搭載されたため、ユーザーは後から自分好みの色味に編集(グレーディング)をすることができる。
前述のHDR写真・HDR動画に加え、HDRパノラマや8Kハイパーラプスなど、より多彩かつ美しい空撮を楽しめる機体となっている。
以下にDJIが公開しているサンプル映像を掲載する。HDRのON/OFFで変わる背景描写に注目してほしい。

カメラスペック比較表

MAVIC AIR 2 MAVIC MINI MAVIC 2 PRO MAVIC AIR SPARK
センサー 1/2インチCMOS
有効画素数:12 MPと48 MP
1/2.3インチCMOS
有効画素数:12 MP
1インチCMOS
有効画素数:20MP
1/2.3インチCMOS
有効画素数:12 MP
1/2.3インチCMOS
有効画素数: 12MP
レンズ FOV:84°
焦点距離(35 mm判換算):24 mm
絞り:F2.8
撮影範囲:1 m〜∞
FOV:83°
35 mm判換算:24 mm
絞り:f/2.8
撮影範囲:1 m ~ ∞
FOV:約77°
35 mm判換算:28 mm
絞り:F2.8 – F11
撮影範囲:1 m~ ∞
FOV:85°
35 mm判換算:24 mm
絞り:f/2.8
撮影範囲:0.5 m~ ∞
FOV 81.9° 25mm (35mm版換算) f/2.6
(撮影範囲: 2m~∞)
ISO感度 動画:
100-6400

写真(12 MP):
100-3200(オート)
100-6400(マニュアル)
写真(48 MP):
100-1600(オート)
100-3200(マニュアル)

動画:
100~3200
写真:
100~1600 (オート)
100~3200 (マニュアル)
動画:
100~6400
写真:
100~3200 (オート)
100~12800 (マニュアル)
動画:
100~3200 (オート)
100~3200 (マニュアル)
写真:
100~1600 (オート)
100~3200 (マニュアル)
動画: 100~3200
写真: 100~1600
シャッター速度 電子シャッター:4~1/8000秒 電子シャッター:8~1/8000秒 電子シャッター:8~1/8000秒 電子シャッター:2 ~ 1/8000s
静止画サイズ 48 MP 8000×6000ピクセル
最大解像度
4:3:4000×3000
16:9: 4000×2250
5472×3648 4:3、4056×3040
16:9、4056×2280
3968×2976
1440×1080:ShallowFocus (シャロー・フォーカス)使用時
2300×1280:Pano (水平)の場合
960×1280:Pano (垂直)の場合
静止画モード シングルショット:12 MPと48 MP
バーストショット:12 MP、3/5/7枚
オート露出ブラケット (AEB):12 MP、3/5枚(0.7EVバイアス)
タイマー撮影:12 MP、2/3/5/7/10/15/20/30/60秒
スマートフォト:シーン認識/ハイパーライト/HDR
HDRパノラマ:
垂直 (3×1): 3328×8000ピクセル (幅×高さ)
ワイド (3×3):8000×6144ピクセル (幅×高さ)
180° パノラマ (3×7):8192×3500ピクセル (幅×高さ)
スフィア (3×8+1):8192×4096ピクセル (幅×高さ)
シングルショット
インターバル:2/3/5/7/10/15/20/30/60 s
シングルショット
バーストショット:3/5枚
オート露出ブラケット (AEB):3/5枚 (0.7EVステップ)
インターバル:(JPEG : 2/3/5/7/10/15/20/30/60秒 RAW : 5/7/10/15/20/30/60秒)
シングルショット
HDR
バーストショット:3/5/7枚
オート露出ブラケット (AEB):3/5枚 (0.7EVステップ)
インターバル:2/3/5/7/10/15/20/30/60 秒
パノラマ:
3×1:42°×78°、2048×3712 (W×H)
3×3:119°×78°、 4096×2688 (W×H)
180°:251°×88°、6144×2048 (W×H)
スフィア (3×8+1):8192×4096 (W×H)
シングルショット
バーストショット: 3枚
オート露出ブラケット (AEB): 3枚 (0.7EVステップ)
インターバル: 2/3/5/7/10/15/20/30/60s
動画解像度 4K Ultra HD:3840×2160 24/25/30/48/50/60 fps
2.7K:2688×1512 24/25/30/48/50/60 fps
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120/240 fps
4K Ultra HD HDR:3840×2160 24/25/30 fps
2.7K HDR:2688×1512 24/25/30 fps
FHD HDR:1920×1080 24/25/30 fps
2.7K:2720×1530 25/30 p
FHD:1920×1080 25/30/50/60 p
4K: 3840×2160 24/25/30p
2.7K: 2688×1512 24/25/30/48/50/60p
FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
4K Ultra HD:3840×2160 24/25/30p
2.7K:2720×1530 24/25/30/48/50/60p
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
HD:1280×720 24/25/30/48/50/60/120p
FHD: 1920×1080 30p
動画最大ビットレート 120 Mbps 40 Mbps 100 Mbps 100 Mbps 24 Mbps
対応ファイルシステム FAT32、exFAT FAT32 (≤32 GB )
exFAT (>32 GB)
FAT 32(32 GB以下)
exFAT(32 GB超)
FAT32 FAT32
静止画フォーマット JPEG/DNG (RAW) JPEG JPEG / DNG (RAW) JPEG / DNG(RAW) JPEG
動画フォーマット MP4/MOV(H.264/MPEG-4 AVC、H.265/HEVC) MP4 (H.264/MPEG-4 AVC) MP4 / MOV (MPEG-4 AVC/H.264、HEVC/H.265) MP4/MOV (H.264/MPEG-4 AVC) MP4 (MPEG-4 AVC/H.264)

他機種との飛行音比較

実際にマイクで音を計り計測した。
計測方法は、一定の距離を離したドローンをホバリングさせ、その飛行音をマイクで計測した。
計測したドローンは、Mavic Air 2、 Mavic Airである。
結果は以下の通りとなった。

飛行音を計ってる写真

飛行音を計測する様子

ドローンを運用していると、飛行音の大きさやその音質はかなり気になるところである。
グラフから、Mavic Air2は全体的に音圧が低いことが分かる。実際にMavic Airと比べるとかなり静かで、特に高音域のプロペラ音が低減していると感じた。
実際に計測した飛行音を以下の動画にまとめたので、ぜひご自身の耳で確かめてほしい。


実際に計測した飛行音

MAVIC AIR 2の操作感

Mavic Air 2を操作して最初に感じたことが、Mavic 2を小さくした機体だな、という感想だった。機体制御などもちろん最新であるためMavic 2に似たような操作感になるのは進化の流れ的には至極当然であると思う。
今回の機体に至っては、映像伝送の方式もMavic 2シリーズと同一であり、何より1クラス上の機体と操作感が同じということは、今回の機体の完成度の高さが伺える。

先代Mavic AirはMavic Proの弟分のような立ち位置で登場したため、映像伝送など各種スペックで明らかにMavic Proが優秀な点が目立っていた。操作感等も含め、Mavic Proと明らかに違う位置づけの機体であった。
今回のMavic Air 2は、撮影センサーのサイズのアップやあらたな撮影モードの採用などの優れている点も多く、かつ、Mavic 2と同等のOcuSync2.0や各種飛行補助機能の搭載などに、大きな進化を感じさせる。

プロポ写真

また、今回からプロポの形が変化し、端末を上部に装着するようになったが、従来のMavicシリーズで使われていたプロポよりも重量バランスが良く、小指球あたりにプロポのしっかりとした厚みのある部分が触れるので、手のひら全体でプロポ全体を支えられ、安定して保持することができる。形はスマートコントローラに似ているが、重量は軽いため、長時間の操縦でも疲れることなくこなすことができそうだ。
また、アプリはMavic Miniと同じ「 DJI FLY 」が対応している。

インテリジェントフライトモード

今回、アクティブトラック系のフライトモードがアップデートされ、Ronin-SCで初搭載となったActiveTrack 3.0をはじめ、 Point of Interest 3.0などMavic 2にも勝る機能が追加された。
とくに、Spotlight2.0では、被写体を自動でドローンがロックし、パイロットは操縦に集中するだけでよいので、フライト中にも余裕をもって画作りに取り組むことができるだろう。
被写体を追いかけるというドローンの最もスタンダードな使い方であるが、最も技術が必要な使い方でもあるので、この部分をサポートしてくれるこれらの機能たちは、空撮の難易度をグッと下げてくれるとても便利なありがたい機能だといえる。

ActiveTrack 3.0

Spotlight2.0

DJI FLY

DJI FLY アプリ上でのSpotlight2.0の操作イメージ 
※屋内等、狭い場所で自動飛行を行うのは危険です。実際の操作は、安全のためにGPSを補足できる屋外の広い場所で行ってください。

CARE REFRESHで安心

DJI Care Refreshの同時購入もおすすめしたい。
機体の破損やクラッシュといった状況は、細心の注意をもっていても起きてしまうことがある。
そういった場合にDJI Care Refreshに加入していれば、1年間に最大2回までリーズナブルに本体交換サービスを利用することができる。
DJI Care Refreshに加入することにより、1ランク上の安心を手に入れることが出来るのである。

CARE REFRESHイメージ

感想

MAVIC AIR 2機体写真3

今回の機体は先代のように、Sparkの進化版的な位置づけではなく、カジュアルに空撮を楽しむというよりは、むしろ本格的に撮影をするというプロユースに近いものになったのだろう。
カメラ性能も、従来の機体に搭載されていた1/2.3インチセンサーから1/2インチへと大型化し、8K撮影や、ハイパーラプス機能など撮影を補助する機能もたくさん盛り込まれている。空撮をするには十分なスペックだと感じた。

今回の機体はMavic Air 2というMavic Airの後継機種としてあるが、個人的にはMavic 2シリーズのDNAを受け継ぎ、飛行補助性能など必要な個所はより進化し、必要な機能をコンパクトに絞った、Mavic Miniのような機体に仕上がったのではないかと感じた。前述の機体音も高音域のノイズが少なく、重厚な音となりMavic 2からの進化を感じる機体になったのである。

Phantomや、Mavic 2では大きすぎるし、それほどの性能は必要ではない、とはいえMavic AirやMavic Miniでは性能や大きさ的に求める空撮に向かない、と悩んでいる状況ならば間違いなく、Mavic Air 2という機体が最適解になるだろう。

MAVIC AIR 2の予約・購入

Mavic Air 2は、JDRONEオンラインストアにて先行予約を開始しています

ご予約・ご購入はこちら
MAVIC AIR 2製品写真

MAVIC AIR 2のアクセサリー

MAVIC AIR 2のスペック

機体
重量 570g
サイズ 折りたたんだ状態:
180×97×84 mm(長さ×幅×高さ)
展開時:
183×253×77 mm(長さ×幅×高さ)
対角寸法 302 mm
最大上昇速度 4 m/s(Sモード)
4 m/s(Nモード)
最大下降速度 3 m/s(Sモード)
3 m/s(Nモード)
5 m/s(Sモードで急降下中)
3 m/s(全てのモードで高度4500 m以上の時)
運用限界高度(海抜) 5000 m
最大飛行時間(無風時) 34分
最大ホバリング時間(無風時) 33分
最大飛行距離 18.5 km
最大水平飛行速度 19 m/s(Sモード)
12 m/s(Nモード)
5 m/s(Tモード)
最大風圧抵抗 29 〜 38 km/h(レベル5)
最大傾斜角度 35°(Sモード)
20°(Nモード)*
* 強風下では35°
最大角速度 250°/s(Sモード)
250°/s(Nモード)
動作環境温度 -10°C ~ 40°C
動作周波数 2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz(日本国内は2.400~2.4835GHzのみ利用可)
伝送電力(EIRP) 2.400-2.4835 GHz:
FCC:≤26 dBm
CE:≤20 dBm
SRRC:≤20 dBm
MIC(日本):≤20 dBm

5.725-5.850 GHz:
FCC:≤26 dBm
CE:≤14 dBm
SRRC:≤26 dBm

ホバリング精度範囲 垂直:
±0.1 m (ビジョンポジショニングあり)
±0.5 m (GPSポジショニングあり)

水平:
±0.1 m (ビジョンポジショニングあり)
±1.5 m (GPSポジショニングあり)

プロペラ クイックリリース、低ノイズ、折りたたみ式
衛星システム GPS+GLONASS
コンパス シングル コンパス
IMU シングル IMU
内部ストレージ 8 GB
機体
容量 3500 mAh
電圧 11.55 V
最大充電電圧 13.2 V
バッテリータイプ LiPo 3S
電力量 40.42 Wh
重量 198 g
充電温度範囲 5℃ ~ 40℃
最大充電電力 38 W
カメラ
センサー 1/2インチCMOS
有効画素数:12 MPと48 MP
レンズ FOV:84°
焦点距離(35 mm判換算):24 mm
絞り:F2.8
撮影範囲:1 m〜∞
ISO 動画:
100-6400

写真(12 MP):
100-3200(オート)
100-6400(マニュアル)
写真(48 MP):
100-1600(オート)
100-3200(マニュアル)

静止画 最大解像度 48 MP 8000×6000ピクセル
静止画モード シングルショット:12 MPと48 MP
バーストショット:12 MP、3/5/7枚
オート露出ブラケット (AEB):12 MP、3/5枚(0.7EVバイアス)
タイマー撮影:12 MP、2/3/5/7/10/15/20/30/60秒
スマートフォト:シーン認識/ハイパーライト/HDR
HDRパノラマ:
垂直 (3×1): 3328×8000
ピクセル (幅×高さ)
ワイド (3×3):8000×6144ピクセル (幅×高さ)
180° パノラマ (3×7):8192×3500ピクセル (幅×高さ)
スフィア (3×8+1):8192×4096ピクセル (幅×高さ)
静止画フォーマット JPEG/DNG (RAW)
動画解像度とフレームレート 4K Ultra HD:3840×2160 24/25/30/48/50/60 fps
2.7K:2688×1512 24/25/30/48/50/60 fps
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120/240 fps
4K Ultra HD HDR:3840×2160 24/25/30 fps
2.7K HDR:2688×1512 24/25/30 fps
FHD HDR:1920×1080 24/25/30 fps
カラープロファイル D-Cinelike、ノーマル
動画フォーマット MP4/MOV(H.264/MPEG-4 AVC、H.265/HEVC)
最大ビットレート 120 Mbps
対応SDカード 最大容量256GBのmicroSDに対応
対応ファイルシステム FAT32、exFAT
ズーム 利用できません
ジンバル
スタビライズ機構 3軸 (チルト、ロール、パン)
機械的な可動範囲 チルト: -135°~45°
ロール:-45°~45°
パン:-100°~100°
操作可能範囲 チルト:-90~0°(デフォルト)
-90~24°(拡張時)
最大可動速度(チルト) 100°/s
角度ぶれ範囲 ±0.01°
ビジョンシステム
前方 高精度測定範囲:0.35〜22.0 m
検知範囲:0.35〜44 m
有効検知速度:12 m/s
視野角(FOV):
71°(水平)、56°(垂直)
後方 高精度測定範囲:0.37〜23.6 m
検知範囲:0.37〜47.2 m
有効検知速度:12 m/s
視野角(FOV):
44°(水平)、57°(垂直)
利用可能な下方センサー デュアルビジョンセンサー + ToFセンサー
下方 ToF測定範囲:0.1〜8 m
ホバリング範囲:0.5〜30 m
ビジョンセンサー ホバリング範囲:0.5〜60 m
左/右 なし
下方補助ライト シングルLED
安全性
障害物回避システム 高度操縦支援システム (APAS) 3.0
動画伝送
伝送システム OcuSync 2.01
2.4 GHz/5.8 GHz自動切替(日本国内では2.4 GHzのみ利用可)
最大伝送距離 10 km (FCC)、6 km (CE)、6 km (SRRC)、6 km (MIC(日本))
ライブビュー品質 720p@30fps / 1080p@30fps
遅延(環境条件およびモバイル端末に依存) 120〜130 ms
動画伝送 符号化方式 H.265
ライブビュー最大ビットレート 40 Mbps
動作周波数 2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz(日本国内は2.400~2.4835GHzのみ利用可)
送信機
送信機 伝送システム OcuSync 2.0
対応モバイル端末コネクター Lightning、Micro USB、USB Type-C
最大 対応モバイル端末サイズ 180×86×10 mm (高さ×幅×厚さ)
動作環境温度 -10°C ~ 40°C
伝送電力(EIRP) 2.400-2.4835 GHz:
FCC:≤26 dBm
CE:≤20 dBm
SRRC:≤20 dBm
MIC(日本):≤20 dBm

5.725-5.850 GHz:
FCC:≤26 dBm
CE:≤14 dBm
SRRC:≤26 dBm

動作電流/電圧 1200 mA@3.7V (Android)
700 mA@ 3.7 V (iOS)
充電器
充電入力 100~240 V、50/60 Hz、1.3 A
充電出力 充電ポート:13.2 V⎓2.82 A
USBポート:5 V⎓2 A
電圧 13.2 V
定格出力 38 W